【CRAぱちんこ必殺仕事人III祭バージョン攻略法】特徴について

【CRAぱちんこ必殺仕事人III祭バージョン攻略法】特徴について

2009年11月、同機種から派生した甘デジタイプの

モデル『CRAぱちんこ必殺仕事人III 祭バージョン』
(型式名:CRAぱちんこ必殺仕事人III祭バージョンL7)

がリリースされた。


「必殺ゾーン」(大当たり後の5回転確変ステージ)

「忍(しのぶ)ゾーン」(潜伏確変or小当たり5回転のステージ)

「お祭りゾーン」の新設



その他の新キャラとして

「おひつ」「おまつ」「しのぶ」

のくのいちが登場している。



スペックは、大当り確率1/89.9、時短は大当り後20回or95回の
甘デジタイプになっているので、今までの仕事人よりも
遊びやすくなっているのが特徴的。


演出は前作「CRぱちんこ必殺仕事人桜バージョン」の内容を
踏襲しているが、仕事人たちの出で立ちは法被にねじりはちまきを
しめた祭仕様となっている他、「射的チャンス」など、祭ならではの
演出も用意されてます。

本機専用の演出としては、

「必殺ゾーン」「祭ゾーン」「忍ゾーン」

の3つを搭載しており、いずれも大当りに
大きく関わるので要注目。


大当り終了後に突入する5回転限定の確変『必殺ゾーン』は、
ゲーム性の要となる演出。必殺ゾーン滞在中はボタンプッシュで
極悪人を成敗する演出が発生。この演出は疑似連演出となっており、
「黒子3人組→剣客→女殺し屋→悪徳商人→大名」と極悪人を
倒していくほど連チャンの期待度が高まる仕組みとなっている。


☆業界トップ水準の精度と効果☆

▲パチンコ・パチスロ攻略レオナビ▲






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。